スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


【 カンナの気持ち 】 

自分の愛する猫の気持ち・・・、
もしもそれがわかったらどう思いますか?
きっと今以上にHAPPYな気持ちになれる。
私はいつもそう思っています。
私がお世話になっている動物病院は東洋医学をベースにした
ちょっと珍しい病院です。
そして奥さんの理恵子先生はまさに「動物と会話ができる」、
アニマルコミュニケーターなのです。
去る4月19日(土)、私たちしもべ夫婦は末っ子である、
カンナの気持ちを知るために病院を訪れました。
(カンナは移動を苦手とするため今回は遠隔でお願いしました)

それではカンナの気持ちを聞いていきましょう。
ハンカチ、ティッシュの用意はよろしいですか?
(※)は理恵子先生の補足や説明、感じたイメージなどです。

カンちゃん


Q:家族のことどう思っている?
A:(※全員4枚の写真を見て・・・
カンちゃんはすっかり家族として自然に溶け込んでいます。
先住3匹も思うところはあるが、認めている。
でも時々3匹は戸惑いを感じている部分があるようです。)
最初は正直、よくわからなかったんだ。
パパとママの事は本当のパパとママのように思っている。

Q:とらくんについてどう思う?
A:最初に見た時に「この猫がボスだ!」とすぐにわかった。
気持ちの大きな猫だとわかった。
とらくんは見ていないフリをしているんだけど、
ボクは常に観察されていたように感じていたんだ。
でも・・・気が小さいところがあるよね?
(※たぶん、優しいという事に繋がると思われる)
みるく&ちゃとらんの間にいて疲れないのかな?
ストレスが溜まらないのかと不思議。
(※とらくんはみんなの調和を考える子に対して、
カンちゃんはストレートに表現する子。
カンちゃんは会話もストレートに返事がかえってくる。
2匹が正反対の性格なので不思議で仕方がない様子)

Q:みるくについてどう思う?
A:アイツは「箱入り」だよね。
とらくんに大事に育てられ、とらくんに甘えている。
パパやママにも大事に育てられたのが見てわかる。

Q:ちゃとらんについてはどう思う?
A:この3匹って見てて面白い関係だよね。
性格はみんな全然違う。
その中にボクも普段一緒にいるけど一歩ひいて見ると、
とらくんは2匹に振り回されてるような・・・。
疲れないのかな~???
ちゃとらんはいかにも三男坊な性格。
要領がよくて、ちゃっかりしてる。
みるくの隙をついてするっと入り込んでしまう。
もしもとらくんがいなかったら、
みるくとちゃとらんの立場は逆転、ボスになるだろう。

Q:その中でカンちゃんはどうしてるの?
A:ボク?ボクが一番大きな顔をしてる。
ボクが3匹のことを思うように3匹がボクの事を
考える事もあると思うけど、そんなの関係ないよ。
そんな細かいこといちいち考えたら人生やってけないよ。
どう思われててもいいし、そんなのボクには関係ない。
自分のポジションを守るための権勢の意味もある。
家に来た順番なんて関係ないし、そういうのは最初から
決まっていて来るべきところに来るようになっている。

Q:良く見てるってママたちが感心してるよ。
A:ボクは今までいろんな猫を見てきた。ぱっと見ただけで
その猫の性格や今までの人生がなんとなくわかるんだ。

Q:片目が見えないことについてどう思ってる?
A:最初は視界が悪くなっていって戸惑った。
バランスが悪く、今もその感覚はあるけど日常的には不便はないよ。

Q:前歯がないことについてどう思う?
A:前歯は元々小さく育たなかった。そしてそのうち抜けていった。
(※歯が育たないほど栄養不足だったという事。)
日常に不便は感じないよ。

Q:生まれ育った場所について。どんな思いで過ごしてきたの?
A:(※生まれ育った場所のことを聞かれてモヤモヤした気分。
トーンダウンし、暗く、それまでハキハキ答えていたが
言葉を濁して、あまり思い出したくない様子が伝わる)
お母さんのお乳を飲んだ時・・・お乳が殆ど出なかった。
スカスカでほとんど中身がない、自分が情けないと思った。
(※やはり母猫タンタンちゃんも栄養不足だったのでしょう)
人(飼い主)が憎いとは思わなかった。
それよりも環境がひどくて、息ができないほど苦しい思いをした。
中には精神的におかしくなっていく猫もいた。
そのうち、数匹の猫が順番に(里親が見つかり)出て行くことになり、
みんなその順番を待つようになった。
ボクは最初はあまり考えないようにしていたけど、
あの場所から出られるなら出たいと思っていた。
でもみんな出るのが嬉しい反面、どうなるんだろう?と不安だった。
期待半分、不安半分だった。
でもあの世界しか知らなかったときは
ボクに与えられた環境はそこで、受け入れざるを得なかったし、
外の世界があることも知らなかった。

Q:かつての仲間に伝えたいこと。
A:外に出た猫も、まだあの場所にいる猫にも「幸せになってほしい」
その言葉しかないんだ。
お母さんがどうなったか気になるけど、どうしようもないよね。

Q:(お母さんは)東京で幸せに暮らしてるよ。
A:そうなの、それは本当によかった。
直接お母さんが語ったわけではないけど
彼女はとても苦労していたんだ。
ボクの印象ではいじめられていて、しいたげられていた。
仲間内ではお母さんは立場の弱い猫だったんだ。
だから今は幸せだと聞いて、安心した。
でも・・・家族は離れちゃいけないと思うよ、絶対に。

Q:お母さんに会いたいと思う?
A:ボクは男の子だから・・・。いつかは離れなければならない。
ボクはきちんと受け止められているよ。

Q:今の生活で望む事や伝えたいこと。
こうしてほしい、これは嫌だなどなにかあるかな?
A:そのうちなにか出てくるかもしれないけど、
今はあの環境から出れただけで幸せだよ。
不満だなんてとんでもない。
感謝という言葉しかみつからないよ。
外の世界があるなんて知らなかったんだ。
預かりさんのところではいつまでここにいられるのかな?
と心配だった。
でも今は安心している。

思わず泣いてしまったしもべママ。
Q:ママがカンちゃんのこと思って泣いているよ。
A:ママ、泣かないで。
ボクは今まで色々あったけど今が本当に幸せなんだ。
だからもう泣かないで。

Q:最近のマウントぶりについて。
ちゃとらんが1番マウントされて、次にマウントされるのはとらくん。
でもみるくにだけは絶対マウントしない。
これはどういうことなの?
A:みるくには1度乗っている。
その時にすごく感情むき出しに怒られ、それ以来やってない。
あいつは子供。怒ると怖いからもうやらない。
元々は友好関係を深めたくて乗っているんだ。
でもそのうちボクも興奮してきて・・・長くなってしまうんだ。
(※カンちゃんの中で上位関係を築きたいという気持ちは全くない。
仲良くしたいのに、みんなにその気持ちが伝わらないのでしょう。
あまりにもみんながそれでストレスが溜まるならフラワーレメディや
ホメオパシーで対策する必要があると思うが今のところは
時期的なものもあるし様子を見てよいでしょう。)

Q:でもみんなが困ってるよ?
A:なんで?罪悪感は全くないよ!
みんなが嫌なら嫌って言えばいいでしょ。

Q:ママやパパの顎を噛むのはどうして?
A:だって、ボクはママとパパの子供でしょ?
(※カンちゃんにとって顔を噛む事は
親への愛情表現だと思っているようだ)

アニマルコミュニケーションを終えて
カンちゃんの天真爛漫な性格は
過酷な環境で耐えるために見つけた知恵。
考えても仕方ないことですが、もしもあの環境ではなかったら
どんな性格の子だったんだろう。
環境は性格を変えてしまうのです。
理恵子先生は、カンちゃんの性格がこうだからみんなが
早くに受け入れたと言います。
カンちゃんがあまりにも自由奔放すぎて大きな顔をするので
言いたい事があっても言えない、受け入れざるをえないと(;´Д`)
カンちゃんはやはり、時期やメンバーいろんな事が重なり、
来るべきところに来た子です。
みんなバラバラの性格なので上手くいってる、
調和が取れているのです。

動物と暮らすということ・・・
それは1つの命に責任を持ち、命を愛しむということ。
動物と暮らしたいという方は
ぜひ5年後、10年後の生活を考えてほしい。
それでも動物と暮らしたいと思ってくださるならば、
ペットショップに行く前に、どうかカンちゃんのような
行き場がない動物のことを頭の片隅でもいいから考えてほしい。
カンちゃんが話してくれたこの内容が
みなさまの愛する猫たちとの生活を
もう1度考えるきっかけになれば幸いです。

70匹の猫たちの猫親戚の方、およびボランティアの方。
私からお礼を言うのはおかしいかもしれませんが
本当にありがとうございます。
カンちゃんの気持ちは、現場出身猫の気持ちと
通じるものがあるはずなのです。
普段は我侭で、傲慢で、そのくせ悪戯好きで、ふてぶてしい、
「こんちくしょー!(怒)」って思う場面もあるかと思います(笑)
しかしながらその性格はあの過酷な環境で生き抜くための
知恵だったのです。
そう考えると、そんな性格や行動も愛しくてたまらないですね。
彼らは今、とても幸せなのです。
現場から出て愛される喜びをはじめて知った猫たち。
彼らの望みは、みんなで幸せになること、ただそれだけなのです。

全ての猫たちに幸あれ。


[2008/04/22 08:33] カンナ | TB(0) | CM(15)


【 久しぶりの近況報告 】 

しばらくブログの更新ができずにいましたが、
みなさんお元気でしょうか?
カンナをはじめ4猫はみんな元気でいます。
短期の仕事をしていた頃は、みんな寂しそうでしたが
今はすっかり本来のやんちゃぶりを発揮!

さて最近のカンナさん困ったことがあるんです。
それは・・・
ちゃーかん


エッチィー♪…(*ノ∀ノ)イヤン
最近の話ですがちゃとらんにマウンティングをするんです。
マウンティングは2通りの意味がありますよね。

1・「ボクの方が偉いんだぞ」という意思表示
2・繁殖行為の名残

カンナはどうやら2のようです。
だって2匹の身体をはがしたら・・・
そこにはカンナの大事なモノが出現してた!!(>_<)
しかもこのマウンティングはここ毎日でして・・・。
しかも時間が長く、しつこいんです(笑)
カンナさん、ちゃとらんは男の子ですよ!
微妙なこの関係、止めさせるべきか、気にしないのがいいのか。
やられてる、ちゃとらんの「ご自由にどうぞ」な顔が救いか。

うーん・・・とっても複雑!!

ここでお知らせです。
5月にAKIさん主宰の「お誕生日会」に出席される方で
「せっかく東京に行くんだからカンナさんにも会いたい!!」
という方はいらっしゃいませんか?
もし希望される方がいらっしゃいましたら書き込みしてください☆


[2008/04/12 20:42] カンナ | TB(0) | CM(9)


【 Mrテレ(ビ)っ子 】 

いろんな方のブログを拝見し、なんかしもべーずのブログは
他の人たちのブログと違う・・・と感じていました。
確かにブログの外見はマニアックなゲーマー風だし・・・
ってそんな話ではなくてですね、
今更気がついたけどもうちのブログは文字が多いんだな。
なんかブログってより、「読み物」?みたいな(^_^;)

というわけで、今後は見やすいように文字を少なめで提供したい
と思っています。(本当にできるんかいな?)

ヨド○シカメラで購入した新テレビが到着しました。
予算オーバーの32型SONYブラビア様でございます。
そしてテレビと言えば、このお方。
カンナさん


「まいどおおきに~。Mrテレ(ビ)っ子、カンナですわぁ。」

それではカンナのテレビ好きな秘蔵写真をお楽しみください。

【続きを読む】

カンナさんTV1


ふむふむ・・・これが新しいテレビとやらか。
今まで、もっさいピンクのテレビデオやったもんな。
今時テレビデオってなんよ?!
しかも色がピンクって、ありえへんやろーが。
カンナさんTV2


こっ、これは・・・?!
この洗練されたフォルムといい、色と艶・・・。
カンナさんTV3


う、うまいぞぉ~!!!

・・・このネタ、わかんない人すんません<(_ _)>


[2008/03/03 22:36] カンナ | TB(0) | CM(4)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。