スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


【 りっくんへの処方箋1 】 

年末から「りっくんへの気持ちを少しでも軽くしたい」
そんなわけでフラワーレメディの注文をお願いした。
ちゃとらんの時と同様に、理恵子先生によるオーリングテストで
りっくんに適合したフラワーレメディの処方箋を見た時、
りっくんの場合、あまりにもマイナス思考が強くびっくりしました。
仲間と一緒にいたところを1人引き離されてしまったりっくん。
もちろんいつかは我が家に心を開き、幸せになってくれるとは
信じているが、今はまだりっくんは気がついていない。
7月からペルシャレスキューが始まり、りっくんが
現場から出たのは9月のことだった。
たった数ヶ月でりっくんは何度も引越ししている。
りっくんにとっては今まで経験したことがないくらい忙しい毎日。
見るもの触るもの、全てが初めてのことだった。
猫ベッドや、人間の手・・・少しは温かいって気がついてくれてる?
「りっくん、ここはあなたのお家なのよ」と本猫に話しかけるも
りっくんが我が家を本当のお家だと認めてくれるまでには
まだまだ時間がかかりそうです。

☆りっくんへの処方その1☆

「アスペン(Aspen)」
なぜだかわからないけど不安。
何か不安や恐れを感じているがそれがなぜなのか、
何を恐れているのかよくわからない。
悪夢を見て目覚めたり、鳥肌や悪寒や震えに襲われる事もあるが
理由がわからない。死や暗闇、根拠のない状態で
災害に見舞われる事を恐れたりする。
また恐れることを恐れることもあり、明確な理由を挙げられない為
これを人に話すことも避ける事が多い。
怖い・・・


りっくん、やっぱり不安ですか?
「ばかやろー!そんなの、当たり前じゃねぇかよ?
まだ、この家に来て1ヶ月しか経ってねぇんだよ。」
はい、すみません~(>_<)
「うむ、わかればよろしいぜ。トコで、お肉をいただけねぇよか?」


スポンサーサイト


[2009/01/08 14:54] フラワーレメディ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekonekofantasy.blog110.fc2.com/tb.php/69-fd66f3fa








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。