スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


【 変身! 】 

りくが我が家にやってきて、7ヶ月が過ぎました。
その間、本当に色々な事がありました。
シェルターの中では人馴れ度が高かったりく。
仲間の猫たちとも仲良くできてたりく。
ペルシャっ子は基本的に人間は苦手だけど猫が好き。
(注:もちろん一部は1匹を望むタイプの子もいますが)

でも・・・我が家にやってきたりくはシェルターの頃とは
ずいぶん様子が違っていました。
りくがシェルターでのびのびと過ごせたのは、
いままで苦労を共にした「仲間」がいたから。
随分前になりますが、りくのアニマルコミュニケーションを
依頼した事がありますがあまりにもマイナス思考だったので
ブログに公開するのを控えました。
その時りくが言った言葉、
「(我が家の先住達は)人間との繋がりが深くボクとは違う」
というような事を言っていましたし
「正直に言うと自分が何者なのかわからない」とも言いました。
そして願いは「自分の全てを受け止めてくれる仲間がほしい」
という事でした。
このACの内容でもわかるように、りくは我が家の先住とは
距離を取る傾向にありました。
カンちゃんがりくに会いに来てもりくの本音は嬉しいのに
自分を出せずに無関心なふり。
先住たちにはとにかく無関心を装っていました。
「自分はこの家の子とは違う」と自分から一線を引き頑なでした。
こういう風に仲間意識が強すぎると新しいお家に行っても
なかなか馴染む事が難しくなってくるようです。
それには私たちの頑張りはもちろんですけど、
りく自身の意識改革も必要だったのです。

りくも頑張ってるところを少しずつ見せてくれていたのですが
本当の意味で変わってくれたのは5ヶ月を過ぎた
ある日でした。
りくが来て以来、みんなのイライラが募ってしまい
その中でも我慢ができなくなってしまった先住のみるくが
カンちゃんに八つ当たりをするようになりました。
その八つ当たりはいまだに続いているのですが、その頃
カンちゃんが逃げ場としていたのがりくのお部屋だったのです。
(注:ほとんどの先住が今でもりくを怖がるため現在
1匹部屋で住み分けをしています)

元々多頭飼崩壊現場からやってきたカンちゃん。
りくの境遇には理解ができる部分もあるのです。
ただ、いつだってカンちゃんは前向きで人間大好き、
りくとは正反対の猫でもあります。
ちょっとずうずしくも、強引でもあるカンちゃんとしばらく
同じ部屋で過ごすようになったところ、
りくは元々本来のりくの姿となりました。
凍っていたりくの心を溶かしてくれたのは私たちしもべではなく
間違いなくカンちゃんだったのだと思います。

ボク、リックンダーです



りくは今では先住たちにもアピールするようになりました。
(まぁ実はそこが先住たちが怖がる理由でもあるのですが)
何でも食べて空腹を満たしてたりくですが今ではご飯を選り好み。
抱っこはできないけれど、かなりのゴロスリぶりで
私たちが部屋に入ればずっとゴロゴロ言っています。

とってもかわいいんですよ。

さて、そんな変身してくれたりくですが・・・
さらに進化を遂げました。

つづきをクリック☆

【続きを読む】
リックンダー、マルガリータになりましたっ!!!
今まで「でかい!」だの「トトロみたい!」だの
「だるま?」だの色々言われ続けていたりくですが以外にも
小さいことが発覚。
シェルターの中では大きい部類だと思っていたのですが
周りがさらに小さかったのと、毛が他の猫たちよりは
フサフサだっただけのようです(笑)
体重は4.4キロだったのですが、
レスキューされた当初は2キロ代だった記憶があるので
大きくなりました!

変身!



マルガリータになりました





[2009/07/13 16:10] りく | TB(0) | CM(9)


【 緊急SOS! 】 

みなさん、お久しぶりです。
まずははじめに、70匹の猫たちは無事全頭現場から
出ることができました。
まだ一時預かりさまのお家にいる子もいますので
本当の終わりではありませんが、命を繋げられたこと、
猫たちに変わってありがとうございます。

普段SOSに関する記事を書くことはめったにないのですが
先日、メールを頂いた方より深刻な状況をうかがいました。
飼い主さんが急死してしまったために30数匹の猫たちが
お家を探しています。

飼い主さんのお気持ちを考えるといたたまれません。
私も猫5匹と暮らしていますが、もし私たち夫婦が突然事故に
巻き込まれたら?・・・決して人事じゃ、ありません。

現在この子たちのいる家が売却されるにあたり、
7月31日までに新しいお家が見つからないと
殺処分されてしまうとのことです。
すべて成猫ですが、それでも愛情をもって
迎えてくださる方を探しています。
リンクやブログ記事などご協力いただける方が
いらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

上記猫たちに関してはこちらをご覧ください。

昨日は七夕。どうか、この子達の命が繋がりますように。
全ての動物たちが人間と共存し、幸せになりますように・・・。


[2009/07/08 16:39] 未分類 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。