スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


【 りっくんへの処方箋6&7 】 

今回でりっくんへの処方箋については終了です。
ですが今後もりっくんにはフラワーレメディを取り入れます。
またフラワーレメディはその時の精神状態を表しますので
今後りっくんへのフラワーレメディ処方がそのたびに
変わる可能性が高いです。
実は昨日から、新しい内容のものが届きそちらを使用しています。
今回はりっくんだけでなく、先住のみるく、ちゃとらん、
カンナさんにも処方して頂きました。
(とらくんは精神的に落ち着いてるので処方はありません。
また、カンナさんには単体レメディも適合したとの事で
1週間は2ボトルを併用します。)
りっくんの新しい処方内容は今の状態と同じようにちょっとだけ
希望に満ちたものでした。
もちろんまだまた恐怖心はあるのですが、
今まで紹介したレメディのよう暗く、悲しいものではありません。
これから頑張ると思ってくれたようで、
その気持ちをサポートするレメディが選ばれていました。

今までの内容少しでも同じような性格の子の参考になれば幸いです。
なお、この内容はりっくんへの処方箋を公開したもので
私にはフラワーレメディの知識はございません。
ご質問があってもお答えすることができません(;´Д`)
なかなか馴れない猫(や犬)と暮らし始めた方に
一応こんな方法も試す価値があるかもね?という感じです。

ただ・・・私にもできる事はあります。
それはりっくんという猫と暮らし始めたからこその喜びと
そして苦悩(っていうと大げさですが)があります。
同じように悩んでる方のお話をお伺いする事はできます。
誰かに話すだけでも案外、心が軽くなるのかもしれません。
りっくん0119


以下の内容は、つい先日まで使用していたレメディの
りっくんの処方箋となります。

☆りっくんへの処方その6☆

フィラリー(学名:Erodium cicutarium)

毎日の出来事に必要以上に神経質になって悩んだり心配し
人生の大切な時間を浪費する事はまさに
「エネルギーが漏れている」状態です。
フィラリーはこれに気づきを与え、魂の本質の部分を変化させ
宇宙的な視野で物事を見ることができるように働きかけます。
さらに本来、その人が持つ受容性をインスピレーションと
ビジョンに変え「エネルギー漏れ」を修復し、
同時に抑圧されてきた魂の解放をサポートします。

キーワード:コスミックヴィジョン、心配性、神経質、
インスピレーション

☆りっくんへの処方その7☆

スピニフェックス

繰り返し同じ病気や症状に悩まされたり、繰り返し自分の嫌な
状態が他者から反映されたりする場合のサポートレメディです。
自分の中にあるネガティブな思考パターンに気づくことで、
パターン化してしまった身体の症状や精神的な捕らえ方に
気づくことができます。自分の思考パターンが変わることで、
外部の状況や自分の肉体に変化があるという事を学習するための
エッセンスになります。






[2009/01/19 19:54] フラワーレメディ | TB(0) | CM(2)


【 りっくんへの処方箋4&5 】 

今日はブログ、張り切って豪華(?)2本立て!
【ファースト・プレゼント】の記事もよろしくね。

りっくんに新しいニックネームが出来ました!
その名も・・・じゃじゃぁ~ん!


「リックンダー」です(;´Д`)

私としては、仮面ライダー風の呼び名のつもりなのですが
旦那は私の口から「リックンダー」と出るたびに、
志村けんの「だっふんだ~」を想像してるらしい(笑)

猫と暮らし始めるとなぜかニックネームというか、
呼び名が変わったりする事ってありますよね?
あれって・・・なんでだろう?


☆りっくんへの処方その4☆

「ロックローズ(RockRoze)」

パニックを起こすとどうしたらよいかわからなくなる。
強くおびえている極端なパニック状態。
(あるいは、パニック状態になったらどうしようと思う不安。)
緊急の事態にぶつかった時に感じる恐怖や戦慄。
極度の恐れのため口が聞けなくなったり、心臓が止まりそうに
なったりする事があります。
理由がわかっている場合、わかっていない場合にも使われますが
いずれにしても強い恐怖状態の時にパニックに陥りやすい傾向に
ある性格の人や動物に効果的です。
子供が悪夢にうなされた時のパニック状態にも使われ、
レスキューレメディの中にも入っています。
ひどく怖かったときや、強く叱られたとき、通常と違う事態に
パニックになった時にも効果があります。

☆りっくんへの処方その5☆

コスモス(学名:Cosmos bipinnatus)

自分が言おうとしている思いを言葉に出すと
上手く相手に伝わらない。
興奮するあまり話す言葉が早くなってしまう。
あれもこれも話したいのに上手く言葉にならない。
または思いはあるのにどう伝えてよいかわからない。
動物の場合でも「普段から訴えているのに
なぜ分かってもらえないんだろう?
お家の人の事も何が言いたいのかよく分からない」
「どう意思表示してコミュニケーションを図れば、
お互い理解がしやすくなるのだろう?」
そんな場合にはコスモスを使います。
焦点の定まったコミュニケーションを可能にし
考えが明晰に相手に伝わるように神経系からサポートします。
コスモスは思考と言葉を統合させ、自分の知識、思考、アイデア
などを他者に伝える事がしっかりできるように、
またハイヤーセルフを通じて伝えられるインスピレーションをも
上手く表現できるように内面から助けます。
動物達の場合は、同居している子(同種でない場合も含む)たちや
もしくはご家族との意思疎通がうまくいっていない場合にも
効果的なレメディです。
キーワード:思考、会話力、統合、左脳と右脳





[2009/01/16 18:23] フラワーレメディ | TB(0) | CM(3)


【 ファースト・プレゼント 】 

1月14日は私の33回目の誕生日でした。
そろそろ誕生日も嬉しくないわけでパパにはここ数年、
「え~と・・・一応おめでとうでいいんだよね?」と聞かれる始末。
今回もそんな感じで微妙な言葉を頂きました(;´Д`)

そんな私に、思いがけないプレゼント。
一体誰が?


実は、りっくんなんです。
1月13日の深夜(厳密に言えば0時を回ってたので14日)、
りっくんに変化があったのです。
別に私は特別な事はしていません。
いつものように「りっくん!」と呼び、なでなでしました。
しばらくすると初お尻をぷりっ!と持ち上げる仕草。
「おぉ?」っとさすがの私もびっくり。
でも、りっくん自身もびっくり!(笑)
その後すぐにりっくんは、
「いやいや、今のは気のせいだから!(;´Д`)」
という微妙な顔をしてお尻を持ち上げるのをやめたのです(笑)

その後も私がしつこく触る事、数分・・・
りっくんはついに我慢できずにお尻があがる。

しかも、りっくんが私にケージ越しにチューを!
それは飛び上がるほど嬉しい出来事でした。
もちろん突然の事で私、びっくり!
だけど、りっくん自身もびっくり!
りっくんは自分でやっといて、目をまん丸にしてた(笑)
そしてなんだか、シェルターにいた頃から今まで1度も
聞いた事がないような声を出すようになったのです。
例えるなら「キエー」・・・みたいな??
なにか、人間に言いたいことがあるみたい。
猫を呼ぶ時は巻き舌なので、これは明らかに
人間になにかを訴える声です。
この声は人間が側にいるときだけです。

思いがけないりっくんからの誕生日、プレゼント。
ありがとね、りっくん!

翌日のりっくん、触ろうとすると逃げるのですが
これまでのように「シャー」がなくなりました。
正直、今までの経験から「次の日にはシャー猫に戻ってる」と
想像してたので意外な反応です。

りっくんに気持ちが少しだけ伝わりはじめたのかな?
でもやっぱりまだ、人間が怖いみたい。
仕方ないよね、生まれてから人間の手を知らなかったんだもん。
触ろうとすると逃げますが、触れた瞬間は甘えます。
う~ん・・・難しいやっちゃ。
甘えたい気持ちと怖い気持ちがあって戸惑ってるのかも。

ママもパパも、全力でりっくんを守るよ。
勇気を出してのプレゼント、ありがとう。
でもこの時の写真がないのがちょっと残念。
もう少ししたらケージから出る練習をしようかと思います。
もちろん、我が家の先住は心が広い子ばかりではないから
様子を見てになりますが・・・。

勇気を出して・・・


りっくん、ちょっと顔が優しくなったでしょ?
そんな変化のあった、りっくんのアニコミュですが
1月の予定でしたが、2月3日に変更となりました。
りっくん、自分の気持ちをちゃんと伝えることができるかな?
ママやパパのこと、どんな風に感じているだろう。
りっくんに聞きたいこと、伝えたい事いっぱいあります。


[2009/01/16 11:32] りく | TB(0) | CM(3)


【 カンナさん、もうすぐ 】 

今日はりっくんへの処方箋のお話はお休みです。
りっくんへの処方は7種類のフラワーレメディです。
という事は、【りっくんへの処方箋7】まであるという事です。
今日はりっくんのファンの方、ごめんなさい。
こちらのブログは70匹の猫たちの猫親戚さんも見られるので
今日の主役はカンナさんです。

カンナさんは多頭飼い崩壊現場「70匹の猫たち」より
レスキューされた猫です。
70匹の子たちははじまりは5匹の猫の近親交配です。
大抵の多頭飼い崩壊の子の特徴は人間を見る時の目は
とてもオドオドしていると聞きます。
今はペルシャレスキューの子も今では優しい顔になっていますが
現場に入ってた頃は生気のない顔で、目はガラスのようでした。
もちろん、70匹の初期の写真を見ると同じような顔をしてる。
ですが70匹の子に関しては新しい家に馴染むのがとても早く、
人間が好きで甘えたな子が多い。
カンちゃんもその中の1匹なのですが、我が家に来てものの10分で
トイレで大をし(驚)、段ボールハウスに入り眠ってしまいました。
こんな具合だから、もちろん初日から膝にのったのでした。
一見、とても多頭飼い崩壊現場出身の子とは思えない行動ですが
ご飯を食べるよりも甘えるのが好きなカンちゃん・・・
やっぱり愛情に飢えていたんですね。
最初の頃は呼べば必ず来ていたカンちゃんも今はそんな事にも
すっかり馴れ、新鮮味がなくなったのか今は呼んでも来ない。

体重は3.2キロから3.6キロへ増えました。
これからもっと大きくなろうね(でも骨格小さいからこのままでも)
なんて思っていたら突然300g減少。
正直、焦りました・・・これ以上は減らせられない!!
いろんな種類のフードを試すが元々食に興味の薄い子。
お肉はりっくんの影響でちょっと食べるようになりました。
今日は馬肉を生で食べましたよ~。
カンちゃんを抱っこした時に「ん?カンちゃんが重くなった」
と気がついて体重を計ると3.35キロ。
たった50gだけども本当に嬉しい。

気がつけばカンちゃんが我が家に来て1年が経とうとしている。
カンちゃんも1つ大人になるんだね(嬉)
そしてついでに私も明日、誕生日を迎えるorz
猫の誕生日は嬉しいけど、自分の誕生日は嬉しくない今日この頃。

本当はカンちゃん1周年を記念して猫親戚の皆さんと
お祝いしたいとも思ったのですが我が家は寒いので呼べない(>_<)
でもりっくんもぜひご披露したいし(りっくん的には迷惑かな)
春になったら考えようかな・・・。
その頃にはりっくんもケージから出て立派なイエネコなはず!

カンちゃんとの1年は本当に楽しい毎日でした。
そしてこれからも楽しい毎日です。
70匹の猫たちも現場に残された子はあと5匹!
カンちゃんの1周年を喜びながらも現場の子がとても気になる。
今年で70匹の猫たちは3年目。
今年は全頭現場脱出できますように。

カンナさん1周年



この記事を書くにあたり、カンちゃんのかわいい最新写真をと
思ったが、あまりにもちょこまかと動く(;´Д`)
携帯を取り出せばずんずん近づいてくるし(;´Д`)
基本的には頭突きをしてくるので上手く撮れない(;´Д`)
仕方ないので画像は1月2日のカンナさんです。
(これも実際は撮るのに、苦労しました)


[2009/01/13 18:20] カンナ | TB(0) | CM(2)


【 りっくんへの処方箋3 】 

最近は本当に寒いですね。
こんな時は猫暖房に限ります(*^_^*)
我が家の先住は猫団子で固まったりするけど、りっくんは1人。
暖房はどうしようかな?と思ってはいたのですが、あまりにも
過保護にするのは免疫を落としてしまうそうなので
過剰な暖房は避けるようにしています。
ただそうは言っても「すきま風」は良くないとの事で
りっくんの寝床を段ボールで隠れ家風(笑)にしてみました。
結構気にいってくれてるようです。
それに先住たちには不評だった湯たんぽ、りっくんへプレゼント。
誰?使いまわしと言ってるのは!
最初、初めてりっくんに湯たんぽを見せて置いた時には
本当に不審なものを見るように、わざわざ湯たんぽを避けて
寝ていたりっくんですが今は湯たんぽとも画像の通り
仲良く(?)やっています。
猫ベッドやフワフワ毛布も最初は同じように
「これ乗っていいのかな?」という感じでした。
当たり前だと思うことが当たり前ではない・・・。
りっくん、いきなりこんなところに連れて来られてまだまだ
びっくりしてると思うけど、これからも修行頑張ろうね。
意外と、気にいっていやす


☆りっくんへの処方その3☆

「チェリープラム(Cherry Plum)」

感情のコントロールが苦手。
感覚が混乱し、自分をコントロールできないのではないかという
恐れ。また、絶望から実際に自分や人を傷つけたり、あるいは
自分などいなければいいなどと自虐的に考えたりするような
状態の場合もある。
自分を理性でコントロールしきれずに、時に常軌を逸したような
行動に出てしまう。
それ以外に、深刻な状態でなくても、
ただ自分をコントロールできない。
例えば食べ過ぎてしまう、権勢的にふるまってしまう、
自傷行為がやまない、衝動的な行動に歯止めがかからない、
あるいはわがまますぎて、周囲を傷つけたり
不快にしたりするような場合にも使える。

りっくんの親戚が家族を募集していますm(__)m




[2009/01/11 19:51] フラワーレメディ | TB(0) | CM(3)


【 りっくんへの処方箋2 】 

現在のりっくんは我が家に来た時よりはシャーの回数は減るも、
まだシャーと威嚇します。
ま、全然怖くはないですけどね・・・(笑)
お肉が出る時と、先住猫たちが側にいるときは
全く威嚇はありません。
むしろ「うにゃぁ~」と信じられないくらいのかわいい声。
りっくんにとって私はご飯をくれる人という認識なのかな?

まだちょっと早いと思いましたが、先日りっくんの
アニマルコミュニケーションの予約を入れました。
1月31日(土)です。
コミュニケーション内容はブログで公開予定です。

我が家の猫たちの調子があまり良くない。
とにかく、食欲が減った。
ここ最近別件で動物病院に行くのだがどの子も
「あれ、風邪ひいてる」って言われるから
それも原因の1つだと考えられる。
ただその中でも1番心配なのが四男のカンナさん。
カンちゃんはりっくんと同じような境遇の子で、
約1年前に我が家の仲間になった。
カンちゃんは元々食にはあまり興味がない子で、
人間に甘えるのが大好きな子。
生まれた環境が悪かったため男の子なのに骨格は小さく、
たぶん元々そんなには大きくはなれない。
1年かかって400g増えた体重が、今回300g減少。
これ以上は減らせられない(>_<)
確かに以前より若干食欲は落ちてはいたが・・・。
しかも最近はみるくとの仲が良くなく、追っかけられている。
もしかしてストレスなのかな?
そんなカンちゃんを助けてくれたり、フォローしてるのが
実はあの、ちゃとらんなのだから驚きだ。
ちゃとらん、精神的に随分落ち着いたみたい。
ちゃとらんも皮膚炎になって現在治療中。
そしてあまり食欲はない・・・。
とらくんもやや食欲がない・・・。
みるくは本調子ではないものの、やや食欲ない・・・。
一体どうしちゃったの、我が家の猫たち!(>_<)
本当によく食べるのはりっくんのみ。
あまりにもいろんな事がありすぎたここ1ヶ月。
思わず、泣いてしまった。
本当は今日、シェルターへ行く予定だったのだけど、
みんなの状態が良くなく心配なためにお休みした。
おまけにパパまでダウンし会社を休んだ(>_<)

小さな小さな、カンちゃん・・・
なにか食べてくれそうなものをと色々試してみる。
りっくんのために用意していた数種類のお肉。
「食べるかな?」と思ってカンちゃんに出してみた。
その中で特に食いつきが良かったのが鶏レバー。
普通のお肉と比べると柔らかいからか、食べ易いみたい。
カンちゃん!実はレバーが好きだったんだ!?(驚)
元々、食に興味がない子が痩せたり、
食欲が減るのは本当に心配です。
こんな時に好きなものがあると安心できる。
レバーは栄養も豊富だし、カロリーもある。
よかった!これと併用していけば大丈夫かな。
今度から鶏レバー多めに注文しよう・・・。
鶏レバー万歳!!!
でもごめん、私はレバーは嫌いです(笑)

☆りっくんへの処方その2☆

「ウィロウ(Willow)」

自分の不幸を他者や物や状況のせいにしてしまい、
「私ほど不幸な人(動物)はいない」と思い込んでいる心理状態や
そういうネガティブな思考パターンがある場合に効果があります。
内向した否定的な感情や憤りがあり、恨みや自己憐憫や
被害者意識を感じてしまったり、ストレートに表現をする場合も
あれば、しない場合もあるものの、心の中には怒りの感情が
渦巻いていて、自分が不幸なのは周囲の人や環境のせいだと
考え責めてしまいがちな時に選ばれるレメディです。
他者の状況や幸せをねたましく思い、自分が選んだ人生を
自分の責任だと認めず、ただ憂鬱さや陰鬱さで人を不愉快に
させてしまう時にも効果がある。
「これほど私は大変なんだから、もっと(周りや特定の相手に)
気にかけてもらって、優しくしてもらって当然だよね。」
と考えている事が多いのが、このレメディを必要とする人や
動物の特徴です。
感謝の心が不足し、自分が優しくされたい相手から
好意を受けるのは当然だと考え、受けられないと相手を責めたり
うらんだりする心の状態の時に、自分を振り返り、
自分に向いている自己憐憫のエネルギーを、
他者を思いやるエネルギーとして向けられるようサポートしていく
レメディです。
しゃきーん



・・・優しくしてもらって当然(笑)
これ、りっくんを象徴してる言葉だと思います。
人が側にいないと大泣きする事は多いのですが、寂しいのかと
側に行けば「シャー」と威嚇。
しばらく側にいるだけで突然「ゴロゴロゴロ」といい、
手はぐぅぱぁ、ぐぅぱぁと繰り返す。
そんなに嬉しいのかと思い、触ると身体をのけぞる(^_^;)
じゃぁ、もういいのかな?と思って部屋を出れば大泣きする。
りっくん、ママはどうしたらいいの?(笑)
この処方箋でもわかるように、りっくんはかまってちゃんです。
今日もわおーんわおーんと泣いています。
「ばかやろう!構ってちゃん?!大きなお世話だぜ。
そんな事はどうでもいいから早く、俺の世話をしてくれっ!! 」





[2009/01/09 18:15] フラワーレメディ | TB(0) | CM(2)


【 りっくんへの処方箋1 】 

年末から「りっくんへの気持ちを少しでも軽くしたい」
そんなわけでフラワーレメディの注文をお願いした。
ちゃとらんの時と同様に、理恵子先生によるオーリングテストで
りっくんに適合したフラワーレメディの処方箋を見た時、
りっくんの場合、あまりにもマイナス思考が強くびっくりしました。
仲間と一緒にいたところを1人引き離されてしまったりっくん。
もちろんいつかは我が家に心を開き、幸せになってくれるとは
信じているが、今はまだりっくんは気がついていない。
7月からペルシャレスキューが始まり、りっくんが
現場から出たのは9月のことだった。
たった数ヶ月でりっくんは何度も引越ししている。
りっくんにとっては今まで経験したことがないくらい忙しい毎日。
見るもの触るもの、全てが初めてのことだった。
猫ベッドや、人間の手・・・少しは温かいって気がついてくれてる?
「りっくん、ここはあなたのお家なのよ」と本猫に話しかけるも
りっくんが我が家を本当のお家だと認めてくれるまでには
まだまだ時間がかかりそうです。

☆りっくんへの処方その1☆

「アスペン(Aspen)」
なぜだかわからないけど不安。
何か不安や恐れを感じているがそれがなぜなのか、
何を恐れているのかよくわからない。
悪夢を見て目覚めたり、鳥肌や悪寒や震えに襲われる事もあるが
理由がわからない。死や暗闇、根拠のない状態で
災害に見舞われる事を恐れたりする。
また恐れることを恐れることもあり、明確な理由を挙げられない為
これを人に話すことも避ける事が多い。
怖い・・・


りっくん、やっぱり不安ですか?
「ばかやろー!そんなの、当たり前じゃねぇかよ?
まだ、この家に来て1ヶ月しか経ってねぇんだよ。」
はい、すみません~(>_<)
「うむ、わかればよろしいぜ。トコで、お肉をいただけねぇよか?」




[2009/01/08 14:54] フラワーレメディ | TB(0) | CM(0)


【 そして事件が起きた 】 

あけましておめでとうございます。
放置ブログにようこそ!m(__)m
今年は、このブログは70匹の猫たちの支援者様はもちろん、
ペルシャレスキューの支援者さまも見られるかも!と思うと
更新を頑張らないといけないわけですが・・・
本来マメじゃない私には無理かも(^_^;)

11月29日(土)我が家にりっくんがやってきた。
そしてそれと同時に事件は起きた。
直前での、家族全員ACの中で1人頑なに新参者を拒み続けた男
三男坊のちゃとらん。
りっくんとのご対面は特に興味がなさそうだった。
ところが下痢がはじまり、その後頻尿。
そして気がつけば血尿までも!
最初は冬だから膀胱炎で、偶然りっくんが来た時に重なった、
そう思ってた。
今考えればそう思いたかったのかもしれない。
しかし血尿の話をすれば友人の誰もが「ストレス?」と。
ちゃとらんの血尿は収まったものの、ストレス解消のため
フラワーレメディをお願いすることにしました。

フラワーレメディを使用して数週間、
これがちゃとらんを確実に癒してくれてるのがわかる。
理恵子先生にお願いしたフラワーレメディですが
プレマさんでは症状で選んだものではなく、
オーリングテストでレメディを選んでいます。
選び終わったその日にメールがありました。

「あぁ、やっぱりそうなんだ、というレメディが
オーリングテストで選ばれました」

最初はどういう意味だろう?と思ったのです。
私はその言葉からちゃとらんのストレスの原因は
新参者(りっくん)の影響である事は
間違いないと確信しました。

そして処方箋を見た瞬間、意味がよくわかりました。
それは単にりっくんが来た事によるストレスという意味ではなく
フラワーレメディの内容そのものがちゃとらん本人を
象徴してると言ってもいいほど、ドンピシャなものだったのです。

以下はちゃとらんに処方された内容。

クラブアップル
ホリー
ミムラス
カモミール
ダガーハキア
トール・ムラ・ムラ

本当は処方箋には詳しい各フラワーレメディの説明が
書いてあるのですが、それがちゃとらんそのもの・・・
(興味がある方は連絡いただければ、処方箋お見せします)
正直、びっくりしたのと、やっぱり自己流ではこの処方は
できなかっただろうなと思います。
私だったら、レスキューレメディにプラス、ミムラスくらいしか
選べなかっただろうな(^_^;)

今現在のちゃとらんは、とても活発です。
それに触るとゴロゴロ言ってくれて・・・思えばりっくんが来て
こんなちゃとらんは本当に久しぶり。
尿の量も増え、膀胱炎はもう大丈夫。
その後パパの布団にだけ粗相するようになってしまったものの
今度は健一先生処方の「レメディ」を3日間。
レメディって見た事ありますか?
電磁波に弱いので撮影はしませんでしたが、
本当に小さな粒なんです。
あまりにも小さすぎて郵送で到着したレメディなものですから
あやうく、「入ってないんですが~」って電話しそうに(笑)
このレメディが上手く適合したようで、ずーっと続いた粗相は
1回目の投与を境になくなった・・・。

続きをクリック♪

【続きを読む】
フラワーレメディの効果を実感した我が家はりっくんにも
試すことになりました。
りっくんの分はすでに頂いており、年末から開始しました。
詳しい処方内容は明日からブログで1つずつ発表いたします。
ちょっとりっくんがあまりにもネガティブでびっくりしました。

☆今日のりっくん☆
トイレの中のりっくんだぜ。


りっくん、その顔・・・怖いですよ???
「ばかやろう!四六時中、こんな顔をしてるけどよ、おめぇ?」
失礼いたしました・・・(>_<)

しかし、しもべたちは知っている。
格好つけてるりっくんにもこんなお茶目な部分があるのですよ。
妖気だ!妖気が立った~!
(注:いつも立ってるというか一部分、伸びてる)
むむっ!妖気???












[2009/01/07 18:50] フラワーレメディ | TB(0) | CM(3)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。