スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


【 変身! 】 

りくが我が家にやってきて、7ヶ月が過ぎました。
その間、本当に色々な事がありました。
シェルターの中では人馴れ度が高かったりく。
仲間の猫たちとも仲良くできてたりく。
ペルシャっ子は基本的に人間は苦手だけど猫が好き。
(注:もちろん一部は1匹を望むタイプの子もいますが)

でも・・・我が家にやってきたりくはシェルターの頃とは
ずいぶん様子が違っていました。
りくがシェルターでのびのびと過ごせたのは、
いままで苦労を共にした「仲間」がいたから。
随分前になりますが、りくのアニマルコミュニケーションを
依頼した事がありますがあまりにもマイナス思考だったので
ブログに公開するのを控えました。
その時りくが言った言葉、
「(我が家の先住達は)人間との繋がりが深くボクとは違う」
というような事を言っていましたし
「正直に言うと自分が何者なのかわからない」とも言いました。
そして願いは「自分の全てを受け止めてくれる仲間がほしい」
という事でした。
このACの内容でもわかるように、りくは我が家の先住とは
距離を取る傾向にありました。
カンちゃんがりくに会いに来てもりくの本音は嬉しいのに
自分を出せずに無関心なふり。
先住たちにはとにかく無関心を装っていました。
「自分はこの家の子とは違う」と自分から一線を引き頑なでした。
こういう風に仲間意識が強すぎると新しいお家に行っても
なかなか馴染む事が難しくなってくるようです。
それには私たちの頑張りはもちろんですけど、
りく自身の意識改革も必要だったのです。

りくも頑張ってるところを少しずつ見せてくれていたのですが
本当の意味で変わってくれたのは5ヶ月を過ぎた
ある日でした。
りくが来て以来、みんなのイライラが募ってしまい
その中でも我慢ができなくなってしまった先住のみるくが
カンちゃんに八つ当たりをするようになりました。
その八つ当たりはいまだに続いているのですが、その頃
カンちゃんが逃げ場としていたのがりくのお部屋だったのです。
(注:ほとんどの先住が今でもりくを怖がるため現在
1匹部屋で住み分けをしています)

元々多頭飼崩壊現場からやってきたカンちゃん。
りくの境遇には理解ができる部分もあるのです。
ただ、いつだってカンちゃんは前向きで人間大好き、
りくとは正反対の猫でもあります。
ちょっとずうずしくも、強引でもあるカンちゃんとしばらく
同じ部屋で過ごすようになったところ、
りくは元々本来のりくの姿となりました。
凍っていたりくの心を溶かしてくれたのは私たちしもべではなく
間違いなくカンちゃんだったのだと思います。

ボク、リックンダーです



りくは今では先住たちにもアピールするようになりました。
(まぁ実はそこが先住たちが怖がる理由でもあるのですが)
何でも食べて空腹を満たしてたりくですが今ではご飯を選り好み。
抱っこはできないけれど、かなりのゴロスリぶりで
私たちが部屋に入ればずっとゴロゴロ言っています。

とってもかわいいんですよ。

さて、そんな変身してくれたりくですが・・・
さらに進化を遂げました。

つづきをクリック☆

【続きを読む】
リックンダー、マルガリータになりましたっ!!!
今まで「でかい!」だの「トトロみたい!」だの
「だるま?」だの色々言われ続けていたりくですが以外にも
小さいことが発覚。
シェルターの中では大きい部類だと思っていたのですが
周りがさらに小さかったのと、毛が他の猫たちよりは
フサフサだっただけのようです(笑)
体重は4.4キロだったのですが、
レスキューされた当初は2キロ代だった記憶があるので
大きくなりました!

変身!



マルガリータになりました





[2009/07/13 16:10] りく | TB(0) | CM(9)


【 ファースト・プレゼント 】 

1月14日は私の33回目の誕生日でした。
そろそろ誕生日も嬉しくないわけでパパにはここ数年、
「え~と・・・一応おめでとうでいいんだよね?」と聞かれる始末。
今回もそんな感じで微妙な言葉を頂きました(;´Д`)

そんな私に、思いがけないプレゼント。
一体誰が?


実は、りっくんなんです。
1月13日の深夜(厳密に言えば0時を回ってたので14日)、
りっくんに変化があったのです。
別に私は特別な事はしていません。
いつものように「りっくん!」と呼び、なでなでしました。
しばらくすると初お尻をぷりっ!と持ち上げる仕草。
「おぉ?」っとさすがの私もびっくり。
でも、りっくん自身もびっくり!(笑)
その後すぐにりっくんは、
「いやいや、今のは気のせいだから!(;´Д`)」
という微妙な顔をしてお尻を持ち上げるのをやめたのです(笑)

その後も私がしつこく触る事、数分・・・
りっくんはついに我慢できずにお尻があがる。

しかも、りっくんが私にケージ越しにチューを!
それは飛び上がるほど嬉しい出来事でした。
もちろん突然の事で私、びっくり!
だけど、りっくん自身もびっくり!
りっくんは自分でやっといて、目をまん丸にしてた(笑)
そしてなんだか、シェルターにいた頃から今まで1度も
聞いた事がないような声を出すようになったのです。
例えるなら「キエー」・・・みたいな??
なにか、人間に言いたいことがあるみたい。
猫を呼ぶ時は巻き舌なので、これは明らかに
人間になにかを訴える声です。
この声は人間が側にいるときだけです。

思いがけないりっくんからの誕生日、プレゼント。
ありがとね、りっくん!

翌日のりっくん、触ろうとすると逃げるのですが
これまでのように「シャー」がなくなりました。
正直、今までの経験から「次の日にはシャー猫に戻ってる」と
想像してたので意外な反応です。

りっくんに気持ちが少しだけ伝わりはじめたのかな?
でもやっぱりまだ、人間が怖いみたい。
仕方ないよね、生まれてから人間の手を知らなかったんだもん。
触ろうとすると逃げますが、触れた瞬間は甘えます。
う~ん・・・難しいやっちゃ。
甘えたい気持ちと怖い気持ちがあって戸惑ってるのかも。

ママもパパも、全力でりっくんを守るよ。
勇気を出してのプレゼント、ありがとう。
でもこの時の写真がないのがちょっと残念。
もう少ししたらケージから出る練習をしようかと思います。
もちろん、我が家の先住は心が広い子ばかりではないから
様子を見てになりますが・・・。

勇気を出して・・・


りっくん、ちょっと顔が優しくなったでしょ?
そんな変化のあった、りっくんのアニコミュですが
1月の予定でしたが、2月3日に変更となりました。
りっくん、自分の気持ちをちゃんと伝えることができるかな?
ママやパパのこと、どんな風に感じているだろう。
りっくんに聞きたいこと、伝えたい事いっぱいあります。


[2009/01/16 11:32] りく | TB(0) | CM(3)


【 我が家に猫がやってきた 】 

11月29日、我が家に大事件が勃発!
そうです、我が家に猫がやってきたんです。
そろそろカンナを迎えて1年が過ぎようとしています。
ペルシャレスキューに関わるようになってずっと考えてた事。
元々はこの現場からくるみが生まれ変わってくるのでは?と
思っていた私。
ところが現場に入るも、ぴんと来る猫に出会う事はなかった。
パパが言った言葉。
「もしかしてたんすの奥に隠れてるか、KOTO猫さんに
いるんじゃないの?」

・・・見っけ!
たんすの奥に隠れていたようです。
年齢から言ってもくるみの生まれ変わりではない。
でもくるみが「私はまだ生まれ変わるつもりないから
別の子を幸せにしてあげて」そう言ってるように感じた。

預かりっ子クラブとして猫を引き出したその写真の中で
1匹だけ気になる猫。
でもとっても美形な猫できっと我が家ではなくても幸せに
してくれる里親さまが現れる、そう思ってた。
「年内に里親さまが現れなければ、立候補しようか。
でも・・・こんなにかわいい子をボラである私がいいのかな?」

お見合いのあるないで一喜一憂する毎日に、
すでに我が家には大切な存在になっていた。
そしていつか「誰にも渡したくない」とさえ思うように・・・。
色々なことがあり、年内に迎えることになったけども
とにかくその猫は今、我が家にいる。
引越しして1週間、元々はシェルターではゴロスリだった彼は
もちろん今ではシャー猫である(笑)
人間がいる前では基本的にご飯は食べない。
それでも機嫌がいい時は「ゴロゴロ」というかわいい声。
が、喜ぶのはまだまだ早い!
次の日にはシャー猫に戻ってるのだから(笑)
それでも先住猫とはケージ越しに最初から威嚇もなく、
比較的穏やかなんです。
威嚇されるのは人間ばかり(;´Д`)
先住猫たちはあまり気にしていないらしい。

ただし・・・このお方は興味深々。
眠るカンナさん


当日を多分、1番楽しみにしていたであろうカンナさん。
なんとカンナさんは新入りを連れてきた夜、ずっと気づかずに
猫じゃらしで遊びまくっていたのです。
他の猫たちはすぐに気がついてたのに(;´Д`)
あまりにも気がつかないのでカンナさんを抱っこして
キャリーの前に置いて、ごたーいーめーん!
カンナさん、びっくりした顔。
そして、突然鼻息が荒くなり、大興奮!!!!
その後がすごかった・・・あれほど遊んでた猫じゃらしを
そっちのけで、キャリーの上に乗り、手を入れる。
遊ぼう!!と必死のアピール(笑)

生きてきた環境が似ているからいいコンビになるんじゃないかな。
カンナさん、現在は早くもお兄ちゃんぶって、新入りにせっせと
毛づくろいもします。

さて、その我が家にやってきた新入り猫。
どんなヤツかといいますと・・・こんなんでましたけど~。

りっくん参上!


名前はミドルネームがつき、正式には「大福 りく」。
呼び名は、「りっくん」です。

これからの人生(猫生)大きな福がやってきますように・・・
というそれなりの理由も一応は考えてありますが、
半分は見た目で名づけました(爆)

ちなみにカンナさんにも最近ミドルネームが出来ました。
その名も・・・「牛若丸 カンナ」ですわ。

今後も5匹の猫たちを応援してくださいね♪

こちらもよろしくねm(__)m
またまた猫たちの運命が動きだした!
りっくんの親戚達がお家を探しています。





[2008/12/05 17:55] りく | TB(0) | CM(6)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。