スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


【 ある1つの物語 】 

お久しぶりです(汗)
皆さま、ご無沙汰しておりますがお元気ですか?
今日は以前からお話したいと思っていた事を
書いてみたいと思います。

昔々のお話。
ここは西洋、1人の女が逃亡生活の中で1人の少年と出逢った。
少年は6歳ほどの子で栗色の髪の毛で平民の格好をしている。
女は黒髪に近い茶色の髪で10代後半~20代はじめと思われ、
メイド服を着ていた。
どうやら互いに身分のある素性らしいが、
政治的背景があって2人とも追っ手に追われているようだ。
数週間逃亡生活を送るが、捕まってしまった。
小さな6畳くらいの個室に女と少年が監禁された。
ただし監禁と言っても独房のような感じではなく
家具もあり、椅子とテーブルもある。
おそらく身分が高かったための待遇だと思われる。

少年は「この世に神様なんていないんだ」と
これから自分たちが殺されてしまうのだと嘆く。
処刑がすでに決まっている女は少年に
【最期の言葉】を語り始めた。

「死ぬ日を告げられて冷静でいられる人は少ないと思う。
でも自分が殺される理由がわからないなら、
最期まで問い続けなさい。
たとえ答えがわからなくともわかる日が必ず来るように・・・。
最期までプライドと勇気を忘れない人でいなさい。
決して後悔を残さないよう、スープの1滴までも
その身で味わい、喜びに変えなさい。」

「お姉さまは怖くないの?」

「怖いです。でもプライドと勇気を捨てる事の方が
もっと怖いです。
私は少し先に行きますが、必ずあなたを助けます。
たとえあなたの肉体が切り裂かれようとも、
痛みを感じる前に私が迎えに行きましょう。
だから今の自分を哀れんではいけません。
最期まで目を逸らさず、私が旅立つところまで見届けなさい。
それがあなたの最期の勇気に繋がると信じています。」

女はコロシアムのようなところに連れていかれ処刑された。
おそらくその後は少年も・・・。

続きをクリック♪

【続きを読む】
この物語は実は約1年前に私の過去世として伺ったものです。
ずっと書きたいと思っていたのですが・・・。
過去世を信じる信じないに関わらず、
大切なメッセージを含んでいる気がして今回やっと重い腰を
あげてみました。

さてここで1つの疑問が残ります。
この女が私「りえ」の過去世と聞いていますが、
もう1人の少年・・・誰だと思いますか?

実はこの少年はリックンダーだそうです。
少年は逃亡生活を含めて数ヶ月あまり、私と過ごしたが
まだ年齢的に幼く、自分の言葉で考えを述べることができなかった。
その思いが今回、私とりくが再会する事に繋がったようです。

私は・・・
レスキューに入った時にりくを見つける事ができませんでした。
ご縁のある子がいるならば里親になるつもりでいました。
ボランティアで入ってる時はそう感じる子は見つけられませんでした。
ところがりくを預かりっ子クラブのHPではじめて見た日
「うちに来るのはこの子しかいない」と直感的に思いました。
くるみが「私はまだ生まれ変わるつもりがないから、
この子をよろしくね」と言われたような気もしました。
たくさんいた猫の中で最初に見たときにうちの子たちとりくが
寛いでいる姿を想像する事ができました。
最初はりくを迎えてみんなが仲間割れをしたりと大変でしたが
今ではりくも家族の一員となれました。

自分がりくを選んだと思っていましたが、りくがしっかりと
私とのご縁を手繰り寄せたのだとしたら、嬉しいですね。
出逢いは偶然ではなく必然、このブログを読んでくださった
あなたとも過去世での繋がりがあるのかもしれないです。

どんな出逢いも感謝!感謝!
いつも仲良くしてくださる皆さま、
こっそり覗きに来てくださる皆さま、ありがとうございます。


[2010/01/12 19:36] アニコミュ | TB(0) | CM(4)


【 変身! 】 

りくが我が家にやってきて、7ヶ月が過ぎました。
その間、本当に色々な事がありました。
シェルターの中では人馴れ度が高かったりく。
仲間の猫たちとも仲良くできてたりく。
ペルシャっ子は基本的に人間は苦手だけど猫が好き。
(注:もちろん一部は1匹を望むタイプの子もいますが)

でも・・・我が家にやってきたりくはシェルターの頃とは
ずいぶん様子が違っていました。
りくがシェルターでのびのびと過ごせたのは、
いままで苦労を共にした「仲間」がいたから。
随分前になりますが、りくのアニマルコミュニケーションを
依頼した事がありますがあまりにもマイナス思考だったので
ブログに公開するのを控えました。
その時りくが言った言葉、
「(我が家の先住達は)人間との繋がりが深くボクとは違う」
というような事を言っていましたし
「正直に言うと自分が何者なのかわからない」とも言いました。
そして願いは「自分の全てを受け止めてくれる仲間がほしい」
という事でした。
このACの内容でもわかるように、りくは我が家の先住とは
距離を取る傾向にありました。
カンちゃんがりくに会いに来てもりくの本音は嬉しいのに
自分を出せずに無関心なふり。
先住たちにはとにかく無関心を装っていました。
「自分はこの家の子とは違う」と自分から一線を引き頑なでした。
こういう風に仲間意識が強すぎると新しいお家に行っても
なかなか馴染む事が難しくなってくるようです。
それには私たちの頑張りはもちろんですけど、
りく自身の意識改革も必要だったのです。

りくも頑張ってるところを少しずつ見せてくれていたのですが
本当の意味で変わってくれたのは5ヶ月を過ぎた
ある日でした。
りくが来て以来、みんなのイライラが募ってしまい
その中でも我慢ができなくなってしまった先住のみるくが
カンちゃんに八つ当たりをするようになりました。
その八つ当たりはいまだに続いているのですが、その頃
カンちゃんが逃げ場としていたのがりくのお部屋だったのです。
(注:ほとんどの先住が今でもりくを怖がるため現在
1匹部屋で住み分けをしています)

元々多頭飼崩壊現場からやってきたカンちゃん。
りくの境遇には理解ができる部分もあるのです。
ただ、いつだってカンちゃんは前向きで人間大好き、
りくとは正反対の猫でもあります。
ちょっとずうずしくも、強引でもあるカンちゃんとしばらく
同じ部屋で過ごすようになったところ、
りくは元々本来のりくの姿となりました。
凍っていたりくの心を溶かしてくれたのは私たちしもべではなく
間違いなくカンちゃんだったのだと思います。

ボク、リックンダーです



りくは今では先住たちにもアピールするようになりました。
(まぁ実はそこが先住たちが怖がる理由でもあるのですが)
何でも食べて空腹を満たしてたりくですが今ではご飯を選り好み。
抱っこはできないけれど、かなりのゴロスリぶりで
私たちが部屋に入ればずっとゴロゴロ言っています。

とってもかわいいんですよ。

さて、そんな変身してくれたりくですが・・・
さらに進化を遂げました。

つづきをクリック☆

【続きを読む】
リックンダー、マルガリータになりましたっ!!!
今まで「でかい!」だの「トトロみたい!」だの
「だるま?」だの色々言われ続けていたりくですが以外にも
小さいことが発覚。
シェルターの中では大きい部類だと思っていたのですが
周りがさらに小さかったのと、毛が他の猫たちよりは
フサフサだっただけのようです(笑)
体重は4.4キロだったのですが、
レスキューされた当初は2キロ代だった記憶があるので
大きくなりました!

変身!



マルガリータになりました





[2009/07/13 16:10] りく | TB(0) | CM(9)


【 緊急SOS! 】 

みなさん、お久しぶりです。
まずははじめに、70匹の猫たちは無事全頭現場から
出ることができました。
まだ一時預かりさまのお家にいる子もいますので
本当の終わりではありませんが、命を繋げられたこと、
猫たちに変わってありがとうございます。

普段SOSに関する記事を書くことはめったにないのですが
先日、メールを頂いた方より深刻な状況をうかがいました。
飼い主さんが急死してしまったために30数匹の猫たちが
お家を探しています。

飼い主さんのお気持ちを考えるといたたまれません。
私も猫5匹と暮らしていますが、もし私たち夫婦が突然事故に
巻き込まれたら?・・・決して人事じゃ、ありません。

現在この子たちのいる家が売却されるにあたり、
7月31日までに新しいお家が見つからないと
殺処分されてしまうとのことです。
すべて成猫ですが、それでも愛情をもって
迎えてくださる方を探しています。
リンクやブログ記事などご協力いただける方が
いらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

上記猫たちに関してはこちらをご覧ください。

昨日は七夕。どうか、この子達の命が繋がりますように。
全ての動物たちが人間と共存し、幸せになりますように・・・。


[2009/07/08 16:39] 未分類 | TB(0) | CM(0)


【 カンナの願い 】 

ボクはカンナや。
今日はみんなに大事なお願いや。
ボクはこの家に来て、1年が経ったんや。
ボクの願いは「仲間の幸せ」そのただ1つ。

ボクは遠い奈良県で生まれたちうわけや。
狭い部屋に閉じ込められて70匹の親戚と暮らしてきたんや。
そこには今は5匹の猫たちが今でも過酷な生活を強いられてんねん。

そないなボクの親戚にエライことが起きたちうわけや。

これまで、親戚のお世話に頑張っとった、さゆりんすはんと
現場飼い主との間にトラブルがあって、現場に入る事ができる
期限が設けられてしもたんや。

その期限はあと2ヵ月後の2009年3月。
これまでになんとかボクの親戚を脱出させなくては!
現場飼い主は親戚たちのお世話がまるっきしできてへんのに
どうして猫が減ると、手放したくなくなるんかな?
うんちの片付けもでけへん飼い主なんて想像できる?

お願い!ボクの親戚を助けておくんなはれ。
さゆりんすはんは、ボクにとっては命の恩人。
ほんであの世界以外にも別の世界があるのだと
ボクに初めて教えてくれた大切な人なんや。

ボクの親戚はとにかく、人馴ればつぐん!
ボクだって今のお家に来てものの10分でトイレ。
トイレの後はお昼寝できたで。
みんなとも仲良くできるで。

下の2枚は、ボクが現場にいた頃の写真やで。
現場で低体温になって、病院に連れていってもろた事もあったちうわけや。






でもそないなボクも今ではこないな風に変身したで。
ボクは今どエライ幸せや。
幸せやで~


ボクの願いはただ1つ。
仲間が幸せになる事、それだけなんや・・・。

※カンナの親戚5匹が困っています。
我が家も本来であれば里親として名乗り出たい気持ちは多々あるのですが
それが難しい状態です。
関西近郊でなく遠方でも、良縁であれば歓迎いたします。
里親さま、一時預かり様、ブログに記事を書いていただける方などなど・・・
ご協力お願いできる方がいらっしゃいましたらお願いします。


この記事は2009年4月まではトップに固定させていただきます。
新しい記事はこの下になります。


[2009/04/01 18:45] カンナ | TB(0) | CM(4)


しばらくお休みします 

こんばんは!過疎化してるこのブログにようこそ(^_^;)
せっかくご訪問いただいたのに申し訳ございませんが、
しばらくの間ブログの更新をお休みいたします<(_ _)>

復活は・・・いつになるかな(^_^;)
未定です。
色々思うところもあり、しばらく休止いたします。


[2009/03/12 21:37] しもべ夫婦の日常 | TB(0) | CM(5)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。